新しい葬儀の形|家族葬で落ち着いた葬儀をとり行う

気持ちの整理の時間を作る

荷物をまとめる人

大阪でご家族の不幸などの訃報が届いた場合には急遽葬儀をとり行うものかと思います。葬儀の間は慌ただしく気持ちの整理をする時間もないでしょう。葬儀の後の遺品整理を遺品整理業者に任せることで葬儀の後に時間の余裕を作ることができるでしょう。

もっと見る

遺族のみで行う葬儀

合掌する人

従来の葬儀では故人の知人や職場の関係者など様々な参列客が訪問し、故人のご遺族の方はその対応に追われ中々、落ち着いて気持ちの整理をつけることや別れの時間を作ることができないかと思います。参列者の人数によっては葬儀の規模も大きくなりそれに伴って葬儀に掛かる費用も高額になり、資金に関しても苦しくなってしまうといったこともあるでしょう。そういった点も考えると、葬儀を行う際には遺族のみで落ち着いて行ないたいと考えている人は少なからずいらっしゃるかと思います。そういった人におすすめする葬儀方法に家族葬と呼ばれる方法があります。家族葬は名前の通り、故人の遺族のみでとり行う葬儀で場合によっては遺族と故人と親しかった人のみでとり行われることもあるようです。この葬儀では参列者の対応に追われることなく落ち着いて葬儀に向き合うことができるため、近年では家族葬での葬儀をとり行う遺族の方も増えています。
家族葬を行う際には注意すべき点がいくつかあります。まず、注意すべき点の1つに遺族以外の参列者への配慮です。葬儀を行う前にしっかりと家族葬のため遺族のみの葬儀参加の旨を伝えておくことが最低限のマナーとなります。香典や供花、弔電の辞退に関しても訃報をお知らせする際に文中に辞退する旨を記載する必要があります。しかし、そういった訃報を受け取った方の中にはどうしても参列して香典や供花、弔電を送りたいという方がいらっしゃいます。そういった方が参列に訪問された際には失礼のないよう、通夜料理や返礼品の準備等をしておくことも大切になるのです。また、訪問されない方の多くが葬儀の後日に訪問されるのでそういった方の対応も念頭においておきましょう。家族葬を行う際にはこういった点に注意して全体への配慮を忘れずに葬儀をとり行ないましょう。

葬儀の種類と費用

葬儀会場

葬儀はその参列者の数や規模の大きさによって費用が決まりますが、葬儀社に見積もりを出してもらう際にその費用相場をしっておくことで自身の納得のいく金額での葬儀をとり行うことができるでしょう。

もっと見る

改装で長く供養

墓地

お墓の引越しである改装を行うことによって、お墓参りに訪れることの出来なくなってしまったお墓を永代供養墓や供養に訪れることができる距離の墓地に引越ししましょう。そのための費用や手続きをしっておくことでスムーズに改装を行うことができます。

もっと見る